WORLD SKI AWARDS
3年連続
Japan's Best部門
最優秀賞をダブル受賞!

  • WORLD SKI AWARDS Japan's Best部門にて3年連続・最優秀賞をダブル受賞!

多くのみなさまのご投票に
深く御礼申し上げます。

2019年11月23日(現地時間)にオーストリア・キッツビュールで開催された「旅行業界のオスカー」とも評されるワールドトラベルアワードのひとつであり、世界のスキー観光産業の中で最も名誉ある「WORLD SKI AWARDS 2019」におきまして、ルスツリゾート内の2つの施設が、日本一となる最優秀賞を昨年に続き3年連続でダブル受賞することができました!
なお、ウェスティン ルスツリゾートにおきましては、2016年のWorld's Best New Ski Hotelからの4年連続受賞となりました。
多くのみなさまより、ご投票いただき誠にありがとうございます。

Japan's Best Ski Resort 最優秀賞
ルスツリゾート

Japan's Best Ski Hotel 最優秀賞

ウェスティン ルスツリゾート

このアワードは、毎年6月にノミネートを発表、インターネットでの一般投票の選考を経て11月に最優秀賞が発表されています。
全世界のスキーヤー・スノーボーダーや、スキー業界関係者による投票が行われ、ニセコや白馬など日本を代表する13のスキーリゾートと、12のリゾートホテルがノミネートされ、その中からルスツリゾートとウェスティン ルスツリゾートが今回の受賞を経て、3年連続でダブル受賞という快挙を成し遂げることができました。 

スキー業界への特別功労賞に
代表取締役会長 加森 公人が受賞!

代表取締役会長 加森 公人が受賞した「Outstanding Contribution to Ski Tourism(スキー業界への特別功労賞)」は、投票によって選出される他の部門とは異なりワールド・スキー・アワード事務局によって功績の認められた人物に与えられる特別功労賞で、日本人では過去に2014年にニセコ雪崩調査所所長の新谷暁生氏に続いて2人目となります。

Outstanding Contribution to Ski Tourism(スキー業界への特別功労賞)
加森観光(株) 代表取締役会長 加森 公人


会長 加森公人は、経営が悪化したリゾート再生において、雇用を継続しながらも、地域の実情を最大限に活かし、かつ初期コストを抑えたリゾートの経営ノウハウを独自に考え出して、多くの破綻したリゾート運営を行い、過去30年以上に渡り、日本のスキー業界の活性化に貢献しました。

スキー場としては現在、北海道の留寿都村「ルスツリゾート」、札幌市「サッポロテイネ」、喜茂別町「中山峠スキー場」、新得町「サホロリゾート」 、登別町「カルルス温泉サンライバスキー場」を運営。
過去に「夕張リゾート」「アルファリゾート・トマム」「横津岳国際スキー場」「安比高原スキー場」「夏油高原スキー場」「箕輪スキー場」「おんたけ2240」など運営。 他にもアメリカ合衆国ではコロラド州「スティームボートリゾート」、カリフォルニア州「ヘブンリー・スキーリゾート」を運営、フランス・アルプス「ティーニュ・スキーリゾート」の経営参加など海外でのスキー場も手掛け、同時期に最大11のスキー場を経営。 手堅いスキー場運営で不振のスキーリゾートを次々に再生させた功績が高く評価され、今回の受賞につながりました。

今回の受賞はルスツリゾートにとって大きな名誉であるとともに、北海道の観光だけでなく、日本やアジア全体のスキー産業にとっての発展につながることを一同願っております。